現場が楽しんで働くために、
私たち本部の人間がいる。

現場が楽しんで働くために、 私たち本部の人間がいる。

  • # 代表
  • # 取締役
  • # ワークライフバランス
  • # サポーター
  • 坂本真吾SAKAMOTO SHINGO
  • 代表取締役社長

  • あらゆる事業で、人を笑顔にする。
  • 誰もが気軽にエンターテイメントを楽しめるように。その一心で第一物産はお客様に楽しんでいただくという観点で、事業を成長させてきました。時代の変化とともに変わり続けてきたエンターテイメント業界は、スマートフォンの普及とともに、変革期を迎えています。これからもお客様を楽しませる企業でありつづける。そのためにも第一物産は、「事業の多角化」に本格的に乗り出します。その筆頭となるのが、飲食事業です。たとえば自社のオリジナルブランドを展開するでロールアイス事業。ただ単にアイスを提供するのではなく、「見た目でも楽しめる」をコンセプトに、「楽しめるお店づくり」という方針でサービスを提供し、店舗数を伸ばしています。創業当時から続く焼肉店「南大門」においては、好立地ながら低価格で、他では味わえない国産牛を提供することで「おいしい!」という感動を提供。今まで培ってきた、お客様に喜んでいただくためのノウハウを、飲食事業にも展開し多角化を図っています。

  • 従業員が、お客様以上に楽しんで働ける環境づくり。
  • 今の立場になる以前は、現場で接客を担当してきました。現場で働く当時から、「本部の意向に左右される部分が大きい」と感じており、これでは現場で働くスタッフが楽しくない。だから私がトップに立った暁には会社全体を変えたいと思い、「本部は現場のサポーターである」という方針を打ち出しました。小さいことではありますが、部門長がスタッフ全員と面談をするなど、現場の声を確実に拾える環境をつくり、できる限り現場の意見が反映される店舗づくりに取り組んでいます。

    ワークライフバランスに関しても、力を入れています。店長であっても、遠慮なく長期休暇を取得できるよう、遊技機の選定や調整からスタッフの管理など、店長にしかできないとされてきた業務を、店長の上司である課長もできるようにし、店長が休みやすい体制を整えました。今後も事業の多角化を進めつつ、「現場のサポーター」として現場を第一に考えることで会社をさらに成長させ、働く皆さんに還元していければと思っています。
 
Career step

キャリアステップ

  • STEP1オメガ店舗にて勤務
  • STEP2店長に昇進
  • STEP3営業部課長に昇進
  • STEP4常務に昇進
  • STEP52018年2月 社長就任